加子母村の木「ヒノキ」ってどんな木?

ヒノキ:ヒノキ科 ヒノキ属

 和名は火の木の意味で、古代にこの木を擦って火を得たことによる。 高さ40mまでになる常緑高木の針葉樹。
 天然では、東北南部から屋久島まで分布する。
 スギに次ぐ重要な植林樹種で、吉野(奈良県)、尾鷲(三重県)、土佐(高知県) とともに東濃(岐阜県)が産地として有名。

材質:
 材の色は、淡紅白色、肌ざわりは、滑らかで、独特のつやと香りがある。
強度に優れ、狂いが少なく、耐久性はトップクラスで、軽く軟らかいので何にでも利用される。

用途:
 建築材(柱・土台・梁・桁・床・母屋・鴨居・敷居など) その他(建具・家具・風呂桶・工芸品・彫刻など)

木曽ヒノキ:
 長野県の木曽谷・岐阜県の裏木曽(広義には長野・岐阜の両県全域) に生育する天然林のヒノキを木曽ヒノキと呼び、高級材として名高い。
 材木としての呼び名で、樹木の名前ではないので樹木図鑑などには無い。


トップへ ・ 次へ