加子母村の檜とササユリ

 環境省が、豊かで心地よいと感じる香りと、 その源となる自然、生活文化を一体として将来に残し伝えていく目的で、全国から特に優れた香り のある地点を100箇所選び、
" かおり風景100選"に認定し、その中に加子母村も「加子母村の檜とササユリ」として 選ばれています。


 加子母村は、岐阜県の東部に位置し、94%が山林で檜の産地として知られ、古くから伐採利用され てきた。記録の残る古いものでは、文安五年(西暦1448年)に京都南禅寺の復興用材が加子母村 から伐採された記録がある。
 徳川幕府の時代には尾張徳川藩の飛地領となり、尾張藩により「檜一本首一つ」と言われるほど厳 しい林業政策がとられ、檜を伐ることにより生活していた村人が、困窮のあまりに法度に背いたため の悲話が、今もこの村に伝わっている。

加子母村森林組合共販所
 こうして守り育てられてきた、原生林とも思えるような樹齢300年を超える檜の美林が今に残され、 伊勢神宮の遷宮用材や姫路城の大柱などがこの檜の美林より伐採されている。

 このように古くから檜と関わってきたこの村では、製材や木工業、建築業が主要な産業であり、村 のいたるところで檜のにおいを感じることができる。

 中央自動車道中津川ICから、隣町の下呂温泉や飛騨高山方面への途中にあり、産直住宅展示場の 見学や、加子母村森林組合の「モクモクセンター」では檜製品を、また、加子母村のトマトや朴葉寿 司も好評で、「ゆうらく館」など農産物販売所に買い求めて多くの方が訪れている。

 また、村の花であるササユリは、村の条例により保護地域が定められ、村民により保護増殖が図ら れており。6月中旬頃に可憐で香りの強い花をたくさん咲かせ、付近にササユリの香りが漂っている。


ササユリ

かしもひのきの家住宅展示場

モクモクセンター

トップへ  ・  環境省ホームページへ